化成品事業部

添加量と着色効果

顔料添加量と着色の効果

コンクリートヘの最適な顔料添加量がわかっていると必要量以上の顔料を使わずにすみ、余分なコストを抑えることができます。
コンクリート配合に顔料の添加量を増やしていくと、最初のうちは発色力も直線的に上昇します。さらに添加量を増やしていくと、これ以上顔料を添加しても色が濃くならない飽和点に向かいます。これらの様子は下のグラフと着色コンクリートブロックの写真によってはっきりとわかります。
バイフェロックスのような着色力の強い合成酸化鉄顔料はセメント重量に対して5~8%が飽和点です。ただし、着色力の弱い顔料ではもっと顔料添加量を上げたところが飽和点になります。
着色力の弱い顔料ではかなり大量の微粉末を添加することになり、コンクリートの強度上問題となります。できるかぎり最少量で最大の着色効果が得られるような、着色力の強い顔料を使うべきです。

顔料添加量と発色力1

顔料添加量と発色力2

※写真は実際の仕上がりの色とは諸条件によって若干異なりますので、ひとつの目安としてご参照ください。

お問い合わせ

化成品事業部へのお問い合わせ