電子材料事業部

熱伝導材料・λGEL®(ラムダゲル)

熱伝導材料・λGEL®(ラムダゲル)

特徴

(株)タイカが開発した、シリコーンを主原料とする非常に柔らかいゲル状素材・αGEL®(アルファゲル)。
このαGEL®の持つ並外れた柔らかさに熱伝導率を付与することで、密着性・追従性を活かした高い放熱性能を実現したのがλGEL®(ラムダゲル)です。
難燃性・電気絶縁性を両立し、基板への負荷低減も可能にしました。

製品一覧

シリーズ 画像 タイプ 特徴
ラムダゲル
COHシリーズ
taica_1.jpg
・発熱体とヒートシンクなどの冷却部品の隙間に入れ、空気溜まりを除去するシートタイプの放熱材です。
・高い熱伝導率とαGEL®の並外れた柔らかさを持ち、密着性・追従性に優れるため、高い放熱効果を発揮し、基板や素子への負荷も低減します。
・高い熱伝導率を有し、放熱に優れた効果を発揮します。
・優れた柔軟性と密着性により細かい凹凸面に追従し、接触面に空気溜まりを作りません。
・電気絶縁性および難燃性に優れています。
・圧縮応力が低く、基板や素子への負荷を低減します。
ラムダゲル
DPシリーズ
taica_2.jpg
・発熱体に充填・塗布し、ヒートシンクなどの冷却部品との小さな隙間を埋めることが出来るペーストタイプの放熱材です。
・分子構造を制御することで、たれにくく、気化しにくいため、長期的に安定した放熱効果を発揮します。
・非常に柔らかい「ペースト状」の放熱材です。
・分子を緩やかに架橋しているため、"たれ"や"気化"が起きにくい構造です。
・電気的に絶縁体であるため、電気部品への使用に適します。
・シートでは埋められないギャップや凹凸面に対しても、密着性・追従性に優れます。

PDF資料ダウンロード

αGEL®放熱シリーズカタログ

お問い合わせ

電子材料事業部へのお問い合わせ