1. 化学品と電子部品の専門商社・株式会社尾関
  2. 鉄心・コイル・トランス
  3. 放熱シート「KINYO HEAT OUT」

放熱シート「KINYO HEAT OUT」

特徴

(株)金陽社が長年に渡るゴム配合技術を最大限に生かし、ウレタンゴムを使用して開発した放熱シートです。環境対策が重要視される中、シロキサンを含まない放熱シートとして、各種電源機器やセンサなど幅広い用途の熱対策にご使用いただけます。熱伝導率、硬さ、寸法などご要望に応じて最適な製品をご提供いたします。

  • シロキサンフリー
    低分子量シロキサンに起因する電気接点障害の恐れがありません。
  • 良好な作業性
    丈夫で切れにくく、貼り付けやリワークの作業性が向上します。
  • 耐ブリード性
    オイル成分の抽出が少なく、周辺汚染を軽減します。
  • 薄膜化
    ウレタンゴムは引裂強度が強いため、低熱抵抗の薄いシートの検討が可能です。

構成

信頼性試験

物性比較

一般的な放熱シートと比較して、金陽社の放熱シートは柔らかさはそのままに物性が強く、貼り付けやリワークの作業性を向上できます。

[評価方法]

  • 引裂試験:局所的な応力集中に対する強度を測定
  • サンプル:切り込みなしアングル型

耐ブリード性

ブリードアウトの発生量が少ないため、オイル成分による周辺の電子機器の汚染、シートの痩せによる空隙の発生を抑制できます。

[評価方法]

  • 準備:直径28mmの放熱シートを紙とともに約15%圧縮し、100℃オーブン内へ24時間静置
  • 評価:開放後、紙に付着したオイル成分のブリード径と放熱シートの重量を測定

耐熱性

120℃×1,000時間後に初期の硬さを維持し、重量変化率も1%未満です。

[評価方法]

  • 試験:保護フィルムをはがした状態の放熱シートを各温度のオーブン内へ静置し、硬さと重量を測定
  • 対象:R20

高温環境下での硬さ変化

高温環境下での重量変化率

特性表

※厚さ3mm以下の品種についてはお問い合わせください。

関連リンク

よくある質問

お客さまより寄せられる質問をまとめています。

よくある質問をみる

メールでのお問い合わせはこちら

見積依頼やご相談などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせする

お電話でのお問い合わせはこちら

東京 03-3297-3231

大阪 06-6266-7890

受付時間 9:00~17:20(土日・祝日除く)
※在宅勤務・交代出勤を行っております。
極力メールでお問い合わせいただきますよう、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。