1. 化学品と電子部品の専門商社・株式会社尾関
  2. 住宅資材・道路資材
  3. 住宅基礎内側保護材「FBプロテクト」

住宅基礎内側保護材「FBプロテクト」

「FBプロテクト」は2材型・既調合微弾性ポリマーセメントモルタルの、竹屋化学研究所が開発した住宅基礎内側の保護材です。
型枠脱型後にすぐに施工することで水和反応を持続させ、より緻密なコンクリートを生成する効果があります。コンクリートの中性化を抑制するため鉄筋のサビを防ぎ、コンクリートの剥離・クラックを抑止します。

特徴

コンクリート中性化について

コンクリート中性化のメカニズム

中性化が進むと内部の鉄筋が腐食、サビの発生によって膨張し、コンクリートの剥離などを引き起こします。

※スクロールしてご覧いただけます。

正常 軽度劣化 重度劣化
素地のコンクリートがアルカリ性で、かつヒビ割れのない状態 コンクリートの膨張・収縮でヒビ割れが発生。表層およびヒビ割れからのCO2との反応によってコンクリートの中性化が進み、鉄筋が腐食 鉄筋の腐食が進行し、膨張することでコンクリートが剥離

環境によるコンクリート中性化への影響

一般的に、屋外側と比較して室内側のコンクリートのほうが中性化が進みやすいといわれています。
([参考文献]一般社団法人建材センター「コンクリートの基礎講座」)

※スクロールしてご覧いただけます。

コンクリートの中性化が進みやすい環境 コンクリートの中性化が抑えられる環境
  • 二酸化炭素濃度が高い
  • 温度が高い
  • 湿度が50~70%ある
  • 緻密なコンクリートである
  • コンクリートが湿った状態である
  • コンクリートが水中や地中にある

コンクリート中性化反応式

コンクリート中性化比較試験

温度20℃・湿度60℃・CO2濃度5%の中性化促進試験機にて、無塗布と「FBプロテクト」塗布後のモルタル棒を3カ月暴露して比較した試験結果です。
「FBプロテクト」の塗布によって中性化が抑えられていることがわかります。

※スクロールしてご覧いただけます。

無塗布 FBプロテクト塗布後

緻密なコンクリートの形成

「FBプロテクト」は基礎の型枠脱型後すぐに塗布が可能なため、コンクリート表面からの乾燥を抑制し、水和反応を助けます。
その結果、緻密なコンクリートを形成でき、ヘアークラックの抑制効果があります。

施工手順

STEP

01


型枠脱型

STEP

02


液体樹脂投入

STEP

03


粉体投入後
かくはん

STEP

04


ローラー選択

ウールローラー
または
細目砂骨ローラー

STEP

05


FBプロテクト
塗布

試験結果一覧

※スクロールしてご覧いただけます。

粉体:液体 接着強度
[N/mm2]
ゼロスパン伸び
[mm]
透水量
[ml]
透湿度
[g/m2]
温冷繰り返し後接着強度
[N/mm2]
100:100 1.05 (1mm厚)
1.32
(実厚)
0.48
0.37 88.3 1.23

※上記の数値および結果はあくまで試験による実測値であり、現場での保障値ではありません。

製品仕様

※スクロールしてご覧いただけます。

製品名 荷姿 入数 適合施工道具 施工面積
FBプロテクト 粉体:4kg
液体:4kg
ウールローラー、
細目砂骨ローラー
ウールローラー:約22~23m2
細目砂骨ローラー:約18~20m2

※使用するローラーによって施工面積は異なります。性能差はありません。

PDF資料ダウンロード

関連リンク

よくある質問

お客さまより寄せられる質問をまとめています。

よくある質問をみる

メールでのお問い合わせはこちら

見積依頼やご相談などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせする

お電話でのお問い合わせはこちら

03-3297-3211

受付時間 9:00~17:20(土日・祝日除く)
※在宅勤務・交代出勤を行っております。
極力メールでお問い合わせいただきますよう、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。