%{FACEBOOKSCRIPT}%
TOP > カラーコンクリート > アーキテクチュラルコンクリート

尾関のお役立ち情報

アーキテクチュラルコンクリート

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アーキテクチュラルコンクリート
「アーキテクチュラルコンクリート」は普通セメントや白色セメントにさまざまな色調の骨材を混練し、サンドブラスト処理などの加工を施すことでコンクリート表面のセメントペーストを除去、骨材を表わすデザイン性の高いコンクリートテクスチャのひとつです。
PCカーテンウォール(建物外周に取付けられるコンクリート製の非耐力壁)の仕上げとして、従来よりBayferrox®(バイフェロックス)をご採用いただいております。
コンクリートを着色することでコントラストによる骨材の引き立て効果が高まり、色や表面テクスチャの組み合わせでバリエーションが豊富に広がります。
さまざまな仕上げ加工方法と合わせて、Bayferrox®(バイフェロックス)を使用した用途例として下記にご紹介いたします。

■サンドブラスト仕上げ


■ビシャン仕上げ


■研ぎ出し仕上げ


■なぐり仕上げ


■チェーン引き仕上げ


Bayferrox®(バイフェロックス)の基本色は赤・黄・黒ですが、配合することにより、オリジナルの色をつくることができます。
弊社ではご要望をもとに、配合検討、調色対応を承っております。
ビルの外装材、外壁など、新しいコンクリート表面テクスチャの開発とともに、コンクリートの質感を活かした、カラーコンクリートの需要が高まっております。

サンプル板製造:高橋カーテンウォール工業株式会社
表面加工:株式会社パーフェクト・ウォッシュ

■関連リンク
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加