1. 化学品と電子部品の専門商社・株式会社尾関
  2. 磁性材料、コイル、トランス
  3. 各種鉄心
  4. ナノ結晶合金コア

ナノ結晶合金コア

特徴

ナノ結晶合金コア
  • 代表的な高透磁率材料で、μ=50,000~80,000を有します。
  • コモンモードノイズ対策部品として、リング形状コア、コモンモードチョークコイルを提供いたします。
  • 微小電流検知のカレントトランス用として、リング形状のコアをラインナップしています。
  • キュリー温度が570℃と高いので、特に高温特性が安定しています。フェライトで特性不足の場合に推奨します。

ナノ結晶合金コアの製造方法

溶解・噴出工程
リボン材(アモルファス)

溶解・噴出工程リボン材

巻き工程
巻きコア

巻き工程巻きコア

熱処理
ナノ結晶合金コア

熱処理ナノ結晶合金コア

材料特性比較

※スクロールしてご覧いただけます。

材料 一般珪素 パーマロイ フェライト アモルファス ナノ結晶
FeSi 50Ni(PB) 80Ni(PC) Mn-Zn 鉄基 鉄基
Bs [T] 2 1.55 0.74 0.5 1.56 1.2
Hc [Oe] 0.5 0.15 0.03 0.1 0.03 0.01
初透磁率 1,500 6,000 >40,000 3,000 5,000 >100,000
抵抗率 [μΩ・cm] 50 30 60 106 130 80
キュリー温度[℃] 750 500 500 140 400 570

複素透磁率:μ=μ'+jμ''

|μ|:複素透磁率の絶対値

μ':実部透磁率

μ'':虚部透磁率

ナノ結晶合金は、虚部透磁率が低い周波数でも大きな値を持つので、抵抗成分でノイズを熱に変換する能力が優れています。

ナノ結晶合金のインピーダンス、インダクタンス特性の温度依存性の一例を示します。
低温から高温まで極めて変化率が小さいことがわかります。
共振周波数も温度による変化は小さく、フェライトに対する優位点です。

関連リンク

よくある質問

お客さまより寄せられる質問をまとめています。

よくある質問をみる

メールでのお問い合わせはこちら

見積依頼やご相談などお気軽にご相談ください。

お問い合わせする

お電話でのお問い合わせはこちら

東京 03-3297-3231

大阪 06-6266-7890

受付時間 9:00~17:20(土日・祝日除く)